屋上緑化にはどんなメリットがある?屋上緑化の効果を知ろう!


自然環境への効果とメリット

屋上緑化はオフィスビルや商業施設の屋上部分に、特殊な緑化技術によって樹々や草花を植栽するものです。土壌や植物には大気を浄化する作用があることに加え、太陽の熱を吸収したり、建物からの放熱を極力抑えるため、都市部のヒートアイランド化や乾燥化の軽減など、様々な部分で自然環境にプラスの効果を発揮します。またエネルギー消費量の削減にも貢献するので、建物の光熱費といった経済的コストも安く済ませることが可能です。

生態系への効果とメリット

樹々や草花が植生されている場所には、虫や鳥といった多種多様な生物が集まりやすくなります。都市全体で屋上緑化が進むことで、生物の行動領域も拡大します。つまり点から線、さらに線から面へと、都市に緑化空間が形成されて行けば、土壌や水など自然の環境ファクターが増えるため、多様な生物の生息空間が広がるのです。これによって、人々が暮らして働く様々な場所では、気軽に自然とふれあえる機会も増大します。

心理的な効果とメリット

屋上緑化が進み、都市空間のあらゆるシーンで自然と接するようになると、人々に様々な心理的効果を及ぼします。まず緑化は審美的効果があるので、心にゆとりを与え、ストレスの軽減に役立ちます。また植物からは揮発成分による薬理効果も期待できるため、アロマテラピー的に人々を癒すことも可能になります。さらに屋上緑化を活用して、植物の栽培や菜園活動といった余暇活動を行い、都市の人々に心身をリフレッシュする場所や機会を提供できます。

地域の急激な気温上昇を防ぐ方法として注目されている屋上緑化ですが、小鳥などの小動物が住み着く可能性があります。小鳥は周囲に糞を落とす実害をもたらすので、屋上をネットで覆うなどの予防策が必要です。

Recent Posts

Archives

Calendar

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930