スーツに似合う時計の選び方!3つのポイントとは


デジタルよりもアナログ文字盤を選ぶべし

スマートフォンが普及した今でも、ビジネスの際は腕時計をはめる男性は多いものです。ただし同じ腕時計でも、ビジネスシーンにあったモノを身に着けていないと、仕事ができる男としてみなされないかもしれません。腕時計にはデジタルとアナログの文字盤がありますが、ビジネスシーンに使用する場合は三針もしくはクロノグラフを選ぶといいでしょう。デジタル文字盤の腕時計も機能性が高く種類も増えていますが、腕時計は最低限の機能のみがついているアナログ文字盤が定番です。

革ベルトは靴と同系色にするのがオシャレ

シルバーのメタルバンドを選んだ場合は問題ないのですが、革ベルトの腕時計を選ぶ場合、革の色に迷うことはないでしょうか。この場合、靴と同系色の皮ベルトを選ぶことでオシャレなビジネスマンを演出することができます。男性の場合、ビジネスシーンに大き目のバッグを持つこともありますよね。靴とカバン、そして腕時計の革ベルトの色を揃えることで、オシャレに気を遣っていると感じさせるのです。

ひとつは持っているとカッコいいメタルベルトの腕時計

仕事のできる男性というのは、身の回りのことにも気を遣う余裕があります。そのため、いつも同じ靴を履いていたり、同じスーツを何日も着用するということは少ないでしょう。そんなオシャレなビジネスマンにとって、メタルベルトの腕時計はとても重宝するアイテムです。チタンやステンレスといった素材はスーツとの相性が良く、何色のビジネススーツを着ていてもしっくりきます。また高級感を感じさせる光沢は、仕事ができる大人の男性というイメージにもピッタリです。どのような腕時計にするか迷ったときは、まずはメタルベルトの腕時計を選ぶとカッコよくキメることができますよ。

IWCの特徴を一言で表すと、スイス時計とアメリカ時計の長所をそれぞれ併せ持ったメーカーです。つまり、スイスの伝統的な時計技術と、アメリカの機械式自動化の時計技術を融合した時計なのです。